|Home|仏教の部屋-Home-|私の写真室-Home-|鎌倉の印象|

八坂神社


由緒

作成:2004年04月20日

八坂神社(やさかじんじゃ)(大神)

祭神は、素戔雄尊、桓武天皇、葛原親王、高望王。
建久三年(1192)相馬次郎師常己が邸内に守護神として勧請して崇敬したのに始まる。その後現在の地に奉遷する。相馬天王と称されるのはこの故とされている。

中世、御神幸の御輿荒ぶるをもって、師常、館の岩窟に納め新たに調達したと伝えられる独特の六角御輿は、宗社である京都祇園八坂神社の形を伝承したものである。
享和元年(1801)、慶応元年(1865)に社殿の改築が行われた。明治六年(1873)村社に列格される。

--- 案内板記事より引用 ---

 

写真

八坂神社1 八坂神社2    
[八坂神社1] [八坂神社2]
(240KB) (238KB)

戻る

counter1counter2counter3counter4counter5counter6

|Home|仏教の部屋-Home-|私の写真室-Home-|鎌倉の印象|
 
Valid XHTML 1.1 Valid CSS!