|Home|仏教の部屋-Home-|私の写真室-Home-|鎌倉の印象|

覚園寺


由緒

作成:2005年01月20日

覚園寺(かくおんじ)

建保六年(1218) に北条義時が薬師堂を建て、永仁四年(1296) 北条貞時がこれを改めて寺とした。

本尊は薬師如来で、両脇に日光・月光菩薩が安置され、黒地蔵とともに重要文化財である。

--- 案内板記事より引用 ---

 

写真

覚園寺1      
[覚園寺1]
(272KB)

戻る

counter1counter2counter3counter4counter5counter6

|Home|仏教の部屋-Home-|私の写真室-Home-|鎌倉の印象|
 
Valid XHTML 1.1 Valid CSS!