|Home|私のLinux活用記録-Home-|

私のLinux活用記録

-Page12-

項目

kh12-01[コマンド]
kh12-02[Emacs/Mew 操作コマンド]
kh12-03[vi 操作コマンド]
kh12-04[canna の漢字変換モード]
kh12-05[FTP コマンド]

 

[コマンド]

更新:2005年02月22日

kh12-01.01 ログイン/ログアウト&シャットダウン
kh12-01.02 制御端末&プロセス状態の確認
kh12-01.03 セキュリティ設定
kh12-01.04 ディレクトリ操作
kh12-01.05 ファイル操作
kh12-01.06 デバイスの操作
kh12-01.07 アーカイブ、圧縮、伸張、展開
kh12-01.08 パッケージの管理
kh12-01.09 出力操作
kh12-01.10 man の操作
kh12-01.11 検索
kh12-01.12 シェル
kh12-01.13 環境変数
kh12-01.14 リソースのチェック
kh12-01.15 ネットワーク関連
kh12-01.16 フィルの文字列操作
kh12-01.17 時刻のセット
kh12-01.18 カーネル、モジュール
kh12-01.19 その他

戻る

ログイン/ログアウト&シャットダウン

追記:2004年10月13日

■ シングルユーザーモードへの切替え
login: root
Password: PASS_WORD
# init S
sh-2.05#
■ シングルユーザーモード起動(root パスワードを忘れた場合)
[Ctrl]-x (at GUI 起動画面)
lilo: linux -s
bash-xxx# passwd
Password: PASS_WORD
□ Vine3.0 の場合
[Esc] (at GUI 起動画面)
boot: [Tab] (ブートメニュー表示)
boot: linux -s (linux はブートメニュー)
bash-xxx# passwd
Password: PASS_WORD
■ ログアウト
# logout or # exit
■ シャットダウン
□ ユーザー権限
$ su
# /sbin/shutdown -h now
□ root権限
# shutdown -h now
■ リブート
□ ユーザー権限
$ su
# /sbin/shutdown -r now
□ root権限
# shutdown -r now

戻る

制御端末&プロセス状態の確認

作成:2000年03月25日

■ 仮想コンソールへの切替え
[Ctrl]+[Alt]+[F1]〜[F6]
■ X-Windowへの切替え
[Ctrl]+[Alt]+[F7]
■ X-Window起動
# startx
■ ユーザーの制御端末確認
$ tty (ユーザー権限)
# tty (root権限)
■ 全てのプロセス状態確認(TTY以外も含む)
$ ps ax
■ プロセスの停止
# kill PID_NUMBER

戻る

セキュリティ設定

追記:2005年03月26日

■ ユーザの登録
# adduser USER_NAME
■ パスワードの登録
# passwd USER_NAME
■ ユーザの削除
# userdel USER_NAME
■ ユーザとホームディレクトリを同時に削除
# userdel -r USER_NAME
■ グループメンバーの登録
/etc/groupを編集
■ スーパーユーザへの変更
$ su
■ 一般ユーザへの変更
# su USER_NAME
■ パーミッションモードの変更
# chmod PERMISSION_MODE FILE_NAME
□ 数値での表記法  PERMISSION_MODE = SXYZ
S = 特別な権限
  = 実行時にユーザー ID を設定(4) +
    実行時にグループ ID を設定(2) +
    プログラムコードをスワップに維持(1)
X = 所有者権限
  = read 権限(4) + write 権限(2) + execute 権限(1)
Y = グループ権限
  = read 権限(4) + write 権限(2) + execute 権限(1)
Z = その他ユーザー権限
  = read 権限(4) + write 権限(2) + execute 権限(1)
□ 記号での表記法  PERMISSION_MODE = [ugoa][+-=][rwxs]
u = ユーザー
g = グループ
o = その他ユーザー
a = ugo
+ = 権限を追加
- = 権限を削除
= = 指定値で権限セット
r = read 権限
w = write 権限
x = execute 権限
s = 実行時に、ユーザー ID またはグループ ID を設定
□ ディレクトリに対するパーミッションモードの意味
read    権限:ls コマンドなどを用いてディレクトリ内部のファイルが参照できる
write   権限:ディレクトリ内のファイルの削除、名前変更ができる
execute 権限:cd コマンドを用いてそのディレクトリに移動することができる
■ 所有者の変更
# chown USER_NAME FILE_NAME
■ グループの変更
# chgrp GROUP_NAME FILE_NAME
■ 再帰的な設定(ディレクトリ配下のすべてのディレクトリ、ファイルを一括設定)
# chmod -R PERMISSION_MODE DIRECTORY_NAME
# chown -R USER_NAME DIRECTORY_NAME
# chgrp -R GROUP_NAME DIRECTORY_NAME

戻る

ディレクトリ操作

追記:2004年03月02日

■ 現在のディレクトリパス確認
$ pwd
■ 上位のディレクトリに変更
$ cd ..
■ 下位のディレクトリに変更
$ cd DIRECTORY_NAME
■ 現在のディレクトリを起点にした相対パス指定
$ cd PATH_NAME/..../DIRECTORY_NAME
■ 絶対パス指定
$ cd /PATH_NAME/..../DIRECTORY_NAME
■ ディレクトリの作成
$ mkdir DIRECTORY_NAME
■ ディレクトリのコピー
$ cp -r DIRECTORY_NAME1 DIRECTORY_NAME2
DIRECTORY_NAME1をDIRECTORY_NAME2にコピー
■ ディレクトリの移動
$ mv DIRECTORY_NAME1 DIRECTORY_NAME2
DIRECTORY_NAME1をDIRECTORY_NAME2に移動
■ ディレクトリ&ファイルの再帰的削除
$ rm -r DIRECTORY_NAME
■ ディレクトリ&ファイルの再帰的強制削除
# rm -rf DIRECORY_NAME
■ ディレクトリ内のファイルリスト(隠しファイル非表示)
$ ls -Fl
■ ディレクトリ内のファイルリスト(隠しファイル表示)
$ ls -Fal
■ ディレクトリのディスク使用量確認
$ du DIRECTRY_NAME
■ DIRECTORY1 と DIRECTORY2 の配下のディレクトリとファイルを比較する
$ diff -qrs DIRECTORY1 DIRECTORY2

戻る

ファイル操作

追記:2004年03月02日

■ ファイルの内容表示
$ cat FILE_NAME or $ cat FILE_NAME | less
■ ファイルのコピー
$ cp FILE_NAME1 FILE_NAME2(or DIRECTORY_NAME)
■ ファイルの移動
$ mv FILE_NAME1 FILE_NAME2(or DIRECTORY_NAME)
■ ファイルの削除
$ rm FILE_NAME
■ ファイルの強制削除
# rm -f FILE_NAME
■ ファイルの修正日時変更
$ touch FILE_NAME (or DIRECTORY_NAME)
■ ファイルのシンボリックリンク作成
$ ln -s ORIGINAL_FILE_NAME SYNBOLIC_LINK_NAME

戻る

デバイスの操作

追記:2004年03月02日

■ CD-ROMのマウント
# mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom
■ Floppy_Diskのマウント
# mount -t msdos /dev/fd0 /mnt/floppy (FILE_NAME:<8byte)
# mount -t vfat /dev/fd0 /mnt/floppy (FILE_NAME:>8byte可)
■ ブートフロッピーディスク作成
# /sbin/mkbootdisk --device /dev/fd0 2.2.16-5k
■ 拡張MS-DOS(論理ドライブD:/dev/hda5)のマウント
# mount -t vfat /dev/hda5 /mnt/hda5
■ ハードディスク(/dev/hde)のパーティション作成
# fdisk /dev/hde
■ デバイス(/dev/hda4)のアンマウント
# umount /mnt/hda4
■ ハードディスク/パーティション(/dev/hda4)のフォーマット(ext2 format)
# mkfs -t ext2 /dev/hda4
■ Make ext3 file system(on /dev/hda4)
# mke2fs -j /dev/hda4
■ ハードディスクの使用量確認
# df
■ ハードディスク(/dev/hde)の設定確認
# /sbin/hdparm -i /dev/hde
■ ハードディスク(/dev/hde)のパーフォーマンスチェック
# /sbin/hdparam -t /dev/hde
■ ハードディスク(/dev/hde)の UDMA66 セット
# /sbin/hdparm -d 1 -X68 /dev/hde
■ ハードディスク(/dev/hde)の UDMA33 セット
# /sbin/hdparm -d 1 -X66 /dev/hde
■ ファイルシステム(/dev/hda4)の検査、修復
# fsck -t /dev/hda4

戻る

アーカイブ、圧縮、伸張(解凍)、展開

追記:2005年03月26日

■ アーカイブの作成
$ tar cvf FILE_NAME.tar FILE_NAME1 .. FILE_NAMEn(or DIRECTORY_NAME)
■ アーカイブの圧縮
$ gzip FILE_NAME.tar
■ 圧縮アーカイブの伸長(解凍)
$ gzip -d FILEL_NAME.tar.gz
■ アーカイブの展開
$ tar xvf FILE_NAME.tar
■ 圧縮アーカイブの伸長(解凍)・展開
$ tar zxvf FILE_NAME.tar.gz
■ bz2圧縮アーカイブの伸長(解凍)
$ bzip2 -d FILE_NAME.tar.bz2
■ ディレクトリ配下を対象に .zip 形式の圧縮アーカイブ作成
$ zip -r DIRECTORY_NMAE.zip DIRECTORY_NAME
■ 複数ファイルを対象に .zip 形式の圧縮アーカイブ作成
$ zip zipfile FILE_1 FILE_2 .... ==> zipfile.zip が生成する
■ 暗号化した .zip 形式の圧縮アーカイブ作成
$ zip -e [-r DIRECTORY_NMAE.zip DIRECTORY_NAME] or [zipfile FILE_1 FILE_2 ....]
password 入力
■ .zip 形式圧縮アーカイブの伸長・展開
$ unzip ARCHIVES_NAME.zip

戻る

パッケージの管理

追記:2004年10月13日

■ rpmパッケージのチェック
$ rpm -q PACKAGE_NAME
$ rpm -qa | grep PACKAGE_NAME
■ rpmパッケージのアップデート(一括)
# rpm -Fvh *.i386.rpm
■ rpmパッケージのアップデート(個々のパッケージ毎)
# rpm -Uvh PACKAGE_NAME-VERSION.i386.rpm
■ rpmパッケージのチェック(すべてのパッケージ情報)
# rpm -qa | grep PACKAGE_NAME
■ rpmパッケージの削除
# rpm -e PACKAGE_NAME
■ rpmパッケージ(ソースコード)のリビルド
# rpm --rebuild PACKAGE_NAME-VERSION.src.rpm
■ rpmパッケージのインストール(個々のパーケージ毎)
# rpm -ivh PACKAGE_NAME-VERSION.i386.rpm
■ rpm パッケージの強制インストール
# rpm -ivh --nodeps PACKAGE_NAME-VERSION.i386.rpm
# rpm -ivh --force  PACKAGE_NAME-VERSION.i386.rpm
■ kernel のアップデート
シングルユーザーモード
# rpm -ivh kernel-VER-REL.i386.rpm
# rpm -Uvh kernel-headers-VER-REL.i386.rpm
# rpm -Uvh kernel-pcmcia-cs-VER-REL.i386.rpm(for note pc, check /etc/sysconfig/pcmcia)
/etc/lilo.conf の編集
# /sbin/lilo
# rpm -Uvh kernel-doc-VER-REL.i386.rpm (必要に応じて)
# rpm -Uvh kernel-source-VER-REL.i386.rpm (必要に応じて)
■ apt-get によるアップグレード(通常のバージョンアップ)
# apt-get update
# apt-get upgrade
■ apt-get によるアップグレード(OS 全体のバージョンアップ)
# apt-get update
# apt-get -s dist-upgrade (-s: --simulate)
# apt-get dist-upgrade
■ apt-get によるパッケージインストール
# apt-get update
# apt-get install PACKAGE_NAME
■ apt-get によるカーネルインストール
# apt-get update
# apt-get install kernel
list of kernel#2.4.xx, ..., etc.
# apt-get install kernel#2.4.xx
/etc/lilo.conf の編集
# /sbin/lilo
■ apt-get によるアーカイブファイル削除
# apt-get clean
■ check MD5 sum for iso image file
$ md5sum -c MD5SUM
■ Make initrd(for scsi disk boot)
# mkinitrd /boot/initrd-VER-REL.img VER-REL

戻る

出力操作

■ 画面出力を逐次表示
$ COMMAND OPTION | more(表示を戻せない)
$ COMMAND OPTION | less(表示を戻せる)
■ 画面出力の逐次表示終了
□ $ COMMAND OPTION | moreの場合
--More-- q
□ $ COMMAND OPTION | lessの場合
q
■ 画面出力をファイル出力に変換
$ COMMAND OPTION > FILE_NAME
■ ファイルの印刷
$ lpr FILE_NAME

戻る

manの操作

■ manの検索
$ man COMMAND_NAME
■ man -k コマンドに必要なデータベースmakewhatisの生成方法
# /etc/cron.weekly/makewhatis.cron
■ manの検索(すべての該当manと章番号を検索)
$ man -k COMMAND_NAME

戻る

検索

追記:2004年03月02日

■ コマンド、マニュアル、ソースファイルの検索
# whereis COMMAND_NAME
■ コマンド実行ファイルの優先パス検索
# which COMMAND_NAME
■ ファイル&ディレクトリ検索
□ locate データベースによる検索
データベース更新
# updatedb
/var/lib/slocate/slocate.tmpが作成されるので、
/var/lib/slocate/slocate.dbに変更する。
検索
# locate FILE_NAME(or DIRECTORY_NAME)
□ 特定ディレクトリ配下の検索
$ find DIRECTORY_PASS -name FILE_NAME(or DIRECTORY_NMAE)
■ ファイル中の文字列検索
$ grep STRINGS FILE_NAME
■ DIRECTORY 配下の、KEY_WORD を含むファイルを検索する
$ grep -r "KEY_WORD" DIRECTORY

戻る

シェル

作成:2000年03月25日

■ ファイルからコマンド実行
$ . FILE_NAME
or
$ ./FILE_NAME
■ aliasの追加(シェルのカスタマイズ)
□ /home/USER_NAME/.bash_profileに以下を追記
alias COMMAND_NAME="COMMAND......."
□ $ source .bash_profile

戻る

環境変数

作成:2002年05月03日

■ 環境変数を確認する
$ echo $ENVIRONMENT_VARIABLE

戻る

リソースのチェック

作成:2002年05月03日

■ CPU
□ # vmstat 5 2
5秒置きに2回チェック
cpu(us sy id) ==> CPU使用率 id=IDLE(待機)値
proc(r b w)   ==> 待ちプロセス数 r=CPU負荷 b=ディスク負荷
□ # ps aux 
%CPU=CPU使用率 
stat=プロセスの状態
T=待機状態
D=I/Oデバイス待ち状態
□ # ps alx
NI=NICE値
■ Memory
□ # vmstat
swpd=使用中のスワップメモリ
free=フリーメモリ
□ # free
shared=共有 memory
buffers=バッファメモリー
cached=キャッシュメモリ
free=フリーメモリー
Swap=使用中のスワップメモリ
□ # ps aux
%MEM=各プロセスのメモリ使用量割合
SIZE=各プロセスのプログラムメモリサイズ
RSS=実際のメモリ使用量
■ Hard Disk
□ # df
ディスクの使用量、残量を表示
□ # df -i
iノードの使用量、残量を表示
□ # du DIRECTORY_NAME
ディレクトリの使用状況表示
□ # quota USER_NAME
ディスクの使用量をユーザ、グループ単位で制限
□ # quotacheck -a
quota で制限されたディスクの使用状況を反映
■ その他
□ # uptime
現在時間、システム連続稼働時間、ログインユーザ数、システム平均負荷を表示
□ # who -iH
ログイン中のユーザ情報
i=休止時間表示
H=見出し表示
□ # last
ユーザのログイン記録
□ # w
uptime & who と同じ内容
□ # top -b
CPU使用率(IDLE)、プロセス数、待ちプロセス数、優先度(NICE)、スワップ使用量、空きメモリ量、ユーザ数、負荷状態など表示
-b=バッチ処理

戻る

ネットワーク関連

更新:2005年03月26日

■ ネットワーク I/F の表示
# ifconfig -a
■ ゲートウェイ & デフォルトゲートウェイと I/F (ルーティングテーブル) 表示
# netstat -r
# route -n
# cat /proc/net/route
■ 開いている TCP, UDP ポートとそのサービスの確認
$ netstat -tuap :t=tcp; u=udp; a=all; p=protcol
$ netstat -tuapn:n=number
$ netstat -tuapc:c=1 time/second
■ パケットの監視
# tcpdump -i INTERFACE
例 # tcpdump -i ppp0
終了: C-z([Ctrl] + z)
■ ネットワーク稼動の確認
# ping -c 5 IP_ADDRESS(5回チェック)
■ ネットワークの転送エラーチェック
□ # netstat -i
ERR=転送エラー数
DRP=転送もれ数
■ リモートホストまでのネットワーク経路表示
□ # traceroute HOST_NAME
!N=リモートホストに到達しない
!H=リモートホストに到達するが、応答がない
■ DNS 名前解決の確認
□ # nslookup
> IP_ADDRESS
> HOST_NAME
■ iptables によるフィルタリングルールの表示
# iptables -L
■ iptables によるフィルタリングルールの保存
# iptables-save
/etc/sysconfig/iptables に保存され、/etc/init.d/iptables により実行される。

戻る

ファイルの文字列操作

追記:2005年02月22日

■ FILE_1 中の各行の N1 文字目から N2 文字目を FILE_2 に出力する。
$ cut -c N1-N2 FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の各行の N1 フィールドから N2 フィールドを FILE_2 に出力する。
$ cut -d "区切り記号" -f N1-N2 FILE_1 > FILE_2
cf. デフォルトの "区切り記号" は <TAB>、"区切り記号" がスペースの場合は -d " "
    フィールドとは、区切り記号で区切られた各要素文字列

■ FILE_1 の各行をソーティングし、FILE_2 に出力する。
$ sort FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の連続した同一文字列行を一行にし、FILE_2 に出力する。
$ uniq FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の連続した同一文字列行を一行にし、行数と併せて、FILE_2 に出力する。
$ uniq -c FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の "文字列" を含む行を検索し、FILE_2 に出力する。
$ grep "文字列" FILE_1 > FILE_2
$ grep -E "文字列" FILE_1 > FILE_2
[注] "文字列" は正規表現の使用が可能、-E オプションは、拡張正規表現使用

■ FILE_1 の最初の行から N行目までを FILE_2 に出力する。
$ head -n N FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 の最後の行から N行目までを FILE_2 に出力する。
$ tail -n N FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の文字列を置換して、FILE_2 に出力する。
$ sed "s/被置換文字列(正規表現)/置換文字列/" FILE_1 > FILE_2
$ sed "s/被置換文字列(正規表現)/置換文字列/g" FILE_1 > FILE_2
[注]
被置換文字列(正規表現)は、最長マッチ。"g" は、各行について全てのマッチする文字列を置換する。

■ FILE_1 中の M行目から N行目を削除して、FILE_2 に出力する。
$sed "M,Nd" FILE_1 > FILE_2

■ FILE_1 中の最短マッチ文字列を置換して、FILE_2 に出力する。
$ perl 's/文字列1.*?文字列2/置換文字列/g' FILE_1 > FILE_2
[注]
文字列1.....文字列2 が最短でマッチする文字列を置換する。'g' は、sed の場合と同じ。

戻る

時刻のセット

作成:2004年03月02日

■ System Date Set
# date -s "MM/DD hh:mm YYYY"
■ CMOS Clock Set(Write CMOS Clock from System Date)
# clock -w
■ List Date & Time
# date
# clock -r

戻る

カーネル、モジュール

作成:2004年03月02日

■ モジュールの一覧を表示する
# /sbin/lsmod
■ モジュールのインストール
# /sbin/modprobe MODULE_NAME
# /sbin/insmod MODULE_NAME
■ モジュールの依存性をチェックする
# /sbin/depmod -a

戻る

その他

作成:2004年03月02日

■ Set Sound Configration
# sndconfig
■ Gnome Menu Setting
# gmenu

戻る

[Emacs/Mew操作コマンド]

作成:2000年11月18日
更新:2005年03月26日

コマンド(C-[]:[Ctrl]key+[]key, M-[]:[Alt]key+[]key)

kh12-02.01 ファイル操作
kh12-02.02 終了、停止
kh12-02.03 カーソル移動
kh12-02.04 編集
kh12-02.05 buffer操作
kh12-02.06 window操作
kh12-02.07 その他
kh12-02.08 モード変更
kh12-02.09 シェル操作
kh12-02.10 Emacs/W3の操作
kh12-02.11 RMAILの操作
kh12-02.12 Mewの操作
kh12-02.13 E-LISP編集/実行モード操作
kh12-02.14 Cモード操作
kh12-02.15 C++モード操作

戻る

■ ファイル操作 
open file:C-x C-f
open another file:C-x C-v
open html file with W3:M-x w3-o
save file(over write):C-x C-s
save file(rename):C-x C-w
save buffer:C-x s
delete file
  list:C-x C-f [Enter]
  mark:d
  undo:u
  delete:x
change character code 
  eucC-x [Enter] f --> euc-jp-unix [Enter]
  jisC-x [Enter] f --> iso-2022-jp [Enter]
  shift jisC-x [Enter] f --> shift_jis [Enter]
  dosC-x [Enter] f --> dos [Enter]
 
戻る
 
■ 終了、停止
emacs終了:C-x C-c
一次停止:C-z
コマンド強制終了:C-g
 
戻る
 
■ カーソル移動
1文字前進:C-f
1文字後退:C-b
1単語前進:M-f
1単語後退:M-b
行末:C-e
行頭:C-a
次行:C-n
前行:C-p
次画面:C-v
前画面:M-v
カーソル行を中央表示:C-l
文頭:M-<
文末:M->
 
戻る
 
■ 編集
日本語入力on/off:C-o
カーソル前の1文字削除:[Delete]
カーソル上の1文字削除:C-d
set mark:C-[Space]key
set mark切取:C-w
set markコピー:M-w
カーソル直前の単語切取:M-[Delete]
カーソル以降の単語切取:M-d
カーソル〜行末を切取:C-k
カーソル〜文末を切取:M-k
last cut or copy貼付:C-y
previous cut or copy貼付:M-y
 
戻る
 
■ buffer操作
list buffer:C-x C-b
change buffer:C-x b
kill buffer:C-x k
 
戻る
 
■ window操作
window分割表示:C-x NUMBER
window間カーソル移動:C-x o
 
戻る
 
■ その他
help:C-h
undo:C-x u
コマンド繰り返し:C-u NUMBER COMMAND
1行文字数設定:C-u NUMBER C-x
文字列検索(to bottom):C-s STRINGS
文字列検索(to top):C-r STRINGS
日本語文字列検索:C-s C-o 文字列
文字列置換:M-x repalce-string [Enter]
 
戻る
 
■ モード変更
シェルモード:M-x shell
基本モード:M-x fundamental-mode
テキストモード:M-x text-mode
Emacs/W3モード:M-x w3
Emacs/W3(open file):M-x w3-o
RMAILモード:M-x rmail
Mew Mailモード:M-x mew
E-LISP編集モード:M-x eamcs-lisp-mode
E-LISP編集/実行モード:M-x lisp-interaction-mode
Cモード:M-x c-mode
C++モード:M-x c++-mode
 
戻る
 
■ シェル操作
シェルモード:M-x shell
previous shell command:M-p
 
戻る
 
■ Emacs/W3の操作
Emacs/W3モード:M-x w3
Emacs/W3(open file):M-x w3-o
リンクを移動(前進):[Tab]
リンクを移動(後退):[Shift][Tab]
リンク先へ移動:[Enter]
URL入力:C-o or M-x w3-fetch
URLをフェッチ:M-x w3-follow-url-at-point
現在のページをブックマーク:a
前の画面に戻る:q
画像を表示する:画像データを[Enter]
 
戻る
 
■ RMAILの操作
RMAILモード:M-x rmail
次のメール:n
前のメール:p
最初のメール:<
最後のメール:>
メールリスト表示:h
メールの削除
    削除マーク&次メール:d
    削除マーク&前メール:C-d
    次のメール:M-n
    前のメール:M-p
    削除マーク取消:u
    削除マークメール削除:x
RMAIL保存:s
RMAIL終了:q
 
戻る
 
■ Mewの操作
Mew Mailモード:M-x mew
Get Mail:i
Write Message:w
Reply with citation:A
Insert Signature:C-c [Tab]
添付資料登録:C-c C-a c(at Draft mode)
Make MIME:C-c C-m
Send Mail:C-c C-c
Address Book Register:C-u C-c C-a
Address Book Rewrite:~/.im/Addrbook
Address Book Reference:STRINGS [Tab]
メールの操作:RMAILモードと同じ
メールの削除:RMAILモードと同じ
Mail Search:?
 :Pick pattern: head="KEY_WORD"
マークの一括消去:U
 :Input mark: *
Mewの終了:q
 
戻る
 
■ E-LISP編集/実行モード操作
E-LISP編集/実行モード:M-x lisp-interaction-mode
ポイント直前のS式評価:C-j
その他操作の詳細は別途記載する予定です。
 
戻る
 
■ Cモード操作
Cモード:M-x c-mode
詳細は別途記載の予定です。
 
戻る
 
■ C++モード操作
C++モード:M-x c++-mode
詳細は別途記載の予定です。

戻る

[vi操作コマンド]

作成:2002年08月30日
Open File: $ vi FILE_NAME
           # vi FILE_NAME

i         : command mode --> input mode
[Esc]     : input mode   --> command mode

command mode
:r [NAME] : カーソル位置に[NAME]ファイルを挿入
:w        : 現在のファイル名で保存
:w [NAME] : [NAME]ファイル名で保存
:q        : 終了
:q!       : 強制終了
[N]x      : カーソル位置から[N]文字削除
[N]dd     : カーソル行から[N]行削除
[N]yy     : カーソル行から[N]行コピー
[N]h      : [N]文字左へカーソル移動
[N]j      : [N]行下へカーソル移動
[N]k      : [N]行上へカーソル移動
[N]l      : [N]文字右へカーソル移動
[N]G      : [N]行目にカーソル移動
J         : 次の行とマージ
P         : [N]x,[N]dd,[N]yyの内容をカーソル位置にペースト
p         : [N]x,[N]dd,[N]yyの内容をカーソル後部にペースト
/[STRING] : [STRING]文字列を前方検索
?[STRING] : [STRING]文字列を後方検索
n         : [STRING]文字列をくり返し後方検索
N         : [STRING]文字列をくり返し前方検索 

戻る

[canna の漢字変換モード]

作成:2004年03月02日
追記:2004年03月07日
Emacs の場合
C-o              :ローマ字かな漢字変換                  / 終了:C-o
[Shift][Space]   :ローマ字かな漢字変換                  / 終了:[Shift][Space]
F1 or [Insert]   :記号、漢字リスト選択(コード番号順)    / 終了:[Delete]
F2               :16進コード入力                        / 終了:[Delete]
F3               :部首リスト選択 --> 漢字リスト選択     / 終了:[Delete]
[Shift][Space] F1:拡張メニュー                          / 終了:[Delete]
[Shift][Space] F2:16進コード入力                        / 終了:[Delete]
[Shift][Space] F3:部首リスト選択 --> 漢字リスト選択     / 終了:[Delete]

仮想ターミナルの場合
[Shift][Space]        :ローマ字かな漢字変換               / 終了:[Shift][Space]
[Shift][Space][Insert]:記号、漢字リスト選択(コード番号順) / 終了:[Delete]
[Shift][Space] F1     :拡張メニュー                       / 終了:[Delete]

戻る

[FTP コマンド]

作成:2015年12月15日
FTP接続         :$ ftp Host_Name
転送モード ascii 指定  :ftp> ascii
転送モード binary指定  :ftp> binary
接続元ディレクトリ移動 :ftp> lcd Dir_Pass/Dir_Name
接続先ディレクトリ移動 :ftp> cd  Dir_Pass/Dir_Name
接続元ファイルリスト  :ftp> !ls
接続先ファイルリスト  :ftp> ls
ファイルのダウンロード :ftp> get File_Name
ファイルのアップロード :ftp> put File_Name
FTP終了         :ftp> quit 

戻る

counter1counter2counter3counter4counter5counter6

|Home|
 
Valid XHTML 1.1 Valid CSS!